20代女性がお金と時間と見た目を確実にレベルアップさせる方法

20代女性がお金と時間と見た目を確実にレベルアップさせる方法

20代、アラサー。お金が無い、時間も無い、だけど美容にもお金をかけたい。毎月少しずつ確実にレベルアップできる方法を載せています。

「転職(就職)したけどマジで会社へ行きたくない!」ときの対処法 Part2

こんにちは!

少し時間が空いてしまいましたが、前回に続いて
「転職(就職)したけどマジで会社へ行きたくない!」ときの対処法を書いていきます♪

 

前回の記事では、

・「ちっとも理解できないんですけど!」
・「前の職場の方が良かったな~」
・「なんかコソコソ言われている・・・(気がする)」

の、3パターンの対処法を書きました。

 

今回は以下のシチュエーションでの対処法を書いていきます☆

 

 

■4:「コソコソを越して嫌味を言ってくるんですけど!」

f:id:hsgdn:20170318153454j:plain

コソコソならともかく、嫌味を言われる。
そこまで言わなくていいじゃん!と思うこともあったり・・・。
なんでそこまで言われなくてはならないのか・・・。
こんなんじゃ仕事のモチベーションも上がらない。
(指摘や注意などではなく不快な言葉や態度!)
「え、それ言う?」ということは私も数回経験をしたことがあります。

その時の私の対処法は、

・「私(僕)だから言っているわけではない、こういう人は誰にでもこういうことを言う人間なんだ」と割り切れるようにする。
→嫌味をいう人は相手云々よりも「本人が言いたいから言っている」だけの場合がほとんどです。
「嫌味言いたがり」の人間なのです。だからあなただけに言っているわけでなく
過去にもその職場で言われている人はいて、今後も新人が入ってきた時も嫌味を言うことでしょう。
というかそもそも、入ったばかりの人間に対して、
あなたのことをなんにも知らないのに嫌味をいう人間の器って
「どないやねん!」ってツッコミを入れたくなりますよね(笑)

「その程度の人間だから仕方ない」「そういう人なんだ」「どないやねん!」
この3つの心で切り抜けましょう。
反論したり、イラッとしたり、しょぼんとした姿を見せたら負けです。

嫌味に慣れた頃にはあなたも周りから新人扱いされなくなり
嫌味も言われなくなることでしょう。

 

■5:「あ~、とにかくやる気が出ないな~・・・」

f:id:hsgdn:20170318153435j:plain

コラッ!ピシっとしなさい!
と、私が言っても説得力がありません。
なぜなら私もたまにそう思う日があるからです(笑)
「やりたかったこととなんか違う」「こんなことやるために入ったんじゃないのに」
なんてそう思うことも最初のうちはあるはずです。


その時の私の対処法は、

・「とりあえずは雇われただけでもありがたいことにしておこう」という気持ちにする。
→肝心なのは"とりあえずは"というところです。
まだあなたは入ったばかりの新人さんであればこう思いましょう。
2年も3年も経って「こんなことやるために入ったんじゃないのに」なんて
入った当初からずーーーーっと思っているのであれば転職を考えてもいい時期なのではないでしょうか。

ここの項目はあくまで「入って数カ月以内」ということで読んでください。
入ったばかりなのだから「こんなことやるはずじゃなかった」という仕事をして当然なのです。

「やりたくない、やるはずじゃなかった仕事」"も"ちゃんとこなしてこそ
「やりたかった仕事」が任され、達成できるようになるのだと私は思っています。

 

甲子園球児も、プロ野球選手、メジャーリーガーも、
いきなり1軍のマウンドに立ち三振を取っているわけではありません。

そのマウンドに立ち投球をする時間よりもはるかに長いプロセスがあるのです。

終わりのわからないランニングをした、
とても長い時間をかけてストレッチや準備運動をした、
したくない先輩の荷物運び、先輩の球拾い、道具の片づけ、部室の掃除、
マウンドの整備、食事やドリンクの準備、しんどい移動・・・

私にはわからない、本人にしかわからない苦労がたくさんあるのです。

 

スポーツ選手と比較することはちょっと大げさかもしれませんが
「やりたいこと」をするまでには「やりたくないこと、やるはずじゃなかったこと、やりたくないこと」
に耐えるのは大前提だと思い、これを乗り越えればきっとあなたの目標に近づいてくることでしょう。

そして何よりも「ありがたい」という気持ちを持ちましょう。
やる気が無い時こそ「ありがたい気持ち」でいることが大切なのです。

まずは「雇ってもらってありがたい」という気持ちを持てるようになると
「なんだかんだ就職できるレベルの人間に育ててもらってありがたいな」
「あーこうやってスマホ持ってツイッターやったりブログ見たりLINEできるってありがたい世の中だな」
「とりあえずはお腹満たせて、寝られる場所があるってありがたいな」
だとか、"忘れてしまっている当たり前のありがたみ"に気づくことができます。

そんな当たり前のありがたみや、小さなありがたみを改めて噛みしめると
雇ってもらったありがたみを大きく感じることができ、
自然に「まあとりあえず頑張ってみるか」と思うでしょう。

(雇ってもらったありがたみの対象は特定の会社や個人でなくとも
ありがたみを感じる心があればそれでいいと私は思います)

『ありがたみのレベルを下げる』ことで視野は確実に広がります。

 

■6:「暇!やることが無いんですけど!?」

f:id:hsgdn:20170318153415j:plain

そりゃ新人なので周りも気を使って、あれもこれも頼む!!
とドカドカ押しつけてくることもなかなか無いのではないかと思います。
先輩や上司も自分の仕事があるので新人につきっきりということも難しいことは
こちらももちろん理解しておきましょうね。

今回紹介する方法は、新人が先輩に聞いても特にすることが無かった場合とします。
資料見て勉強しててって言われてもなあ・・・、なんて。

(即戦力でなんでもできます!というスタンスで入った場合はそれはそれで大変ですが)


その時の私の対処法は、
・「ノートとボールペンと"大きめの付箋"を持って勉強(のようなこと)をする」

※まずは大前提に「何か私でもできる仕事はありますか」「時間があるのですがすることはありますか」
と目につく全ての先輩や上司に聞こえるように声をかけておきましょう。
ここで重要なのが「目につく全ての」というところで、
話しやすい人だけに声をかけるだけにしておいてしまうと
話しかけられていない人からすると「こいつ仕事してないな」と思われてしまいます。
"ここにいる全員"に「やる気はあるけど今はすることが無い新人」ということを周知させておきましょう。
(その方が仕事ができたときに声をかけられる確率も上がりますしね♪)

 

さぁ本題に入りましょう。
『本当にすることが無い場合』
就職した職種にもよるかと思いますが自分の個人の机やパソコンがある場合には有効です。
そして過去の資料や、参考書、図面、表、写真等仕事で使うものを見ながら
ノートに必要な部分をメモしたり、仕事が回ってきた時のために要点をまとめましょう。

 

と、いう姿を周りには見せておいて「勉強をしているフリをする」のです(笑)
ノートには本当に勉強をする仕事の内容をまとめましょう。
仕事とは関係ない休みの予定や、今後やりたい遊び、お金の使い道など
どーでもいいことを"大きめの付箋"に書きましょう。

 

ここで最も重要なのは、仕事以外のことを大きめの付箋に書く、ということです♪
付箋に書いておけば消しゴムや修正テープで消す必要も無く、またページをちぎる必要も無く
ポイッと捨てられるし、家にも持ちかえられるし、手帳にも貼ることができます。

周りからは熱心に勉強をしている新人、に見えることでしょう。
実際は週末の予定などを考えているのに・・・。

ですが決してバレないようにしてください。バレたら終わりです。
私が実際にした方法かというのは秘密です♪

 

 

■おわりに

f:id:hsgdn:20170318153342j:plain

Part2は少し長くなってしまい大変失礼しました。

頑張りすぎることも、頑張らなさすぎることも、よくありません。
仕事ってなんだろう。何のために仕事をしているんだろう。
頑張ったあとって何があるんだろう。きっとそう思いながら仕事をすることもあると思います。

ですが、上記のことを考えたからといって人それぞれ答えは違うし100%正解の答えなんてありません。

そんなことを考えずに仕事ができる状況というのが一番幸せなのではないかと私は思います。

間違いはあっても100%の正解がないことを考え続ける生き方よりも、
小さなことにありがたみを感じられる生き方ができることが正解に近付く答えなのではないかと私は思い
日々仕事をしています。

まあ、私のようなアホでネガティブなことを考えながら仕事している人間もいるのか
と思って頂ければ幸いです(笑)

 

Twitterはじめました♡
日常のつぶやきやブログの更新をします♡